なたまめ茶 膿とり

MENU

膿とりの妙薬。なたまめ

 

なたまめは歴史でいうとかなり昔からそれも中国でもつかわれていたそうです

 

漢方医療の概念から なたまめは

 

腎を益し 元を補う  と言われ  腎機能を高めて病に負けない免疫力をもたらす
生薬といわれているそうです

 

中国では漢方薬としても使われていて様々に形を変えて食されているようです

 

たとえば 薬膳料理やお茶などですね

 

 

 

 

たまった膿を体外へ

 

なたまめ茶の作用で特に素晴らしい効力が排膿作用

 

膿を体外へ出す力ですね!

 

膿。膿ってよくいうけど そもそも膿ってなんなんだろ?!と思っている方に補足をいれますと

 

膿というのは たとえば 体に菌が入ってきた際に それらと戦う血液中の白血球の死んだものの集まりと理解していいとおもいます

 

副鼻腔炎などもそうですが 大量の膿が発生するのも この菌やウイルスが多く侵入されやすいため

 

白血球はそれらと戦い死滅し膿が多量に発生するわけです・・

 

 

なたまめは それらの膿を体外に排出する排膿作用がすぐれており そ

 

それらの作用がある成分がカナバニンなのです!