なたまめ茶 抗腫瘍作用 コンカナバリンA

なたまめ茶のコンカナバリンA/抗腫瘍作用

 

コンカナバリンAは なたまめにふくまれる成分で

 

マウスの実験によると、そのコンカナバリンAの効果で癌細胞が減っていくという結果を得られました

 

つまり抗腫瘍作用があるとこがわかったのです

 

 

人間は生活のなかで癌細胞が勝手に作られます

 

出来た癌細胞がまだ小さな時点で個々の免疫によって消滅し 死に至らしめるようなことにはならなようになっています

 

逆に 免疫力が落ちた時は 癌細胞は次々に悪さをして増殖し死にいたらしめます

 

 

コンカナバリンAは これらの毎日発生する癌細胞が病巣をつくるまえに それを破壊してくれるのです