漢方薬となたまめ茶。どちらが飲みやすい?

副鼻腔炎の治療と飲みにくい漢方薬

 

副鼻腔炎の治療でよく漢方薬が用いられます。なかでも有名なのが『辛夷清肺湯』です

 

辛夷清肺湯も副鼻腔炎には優れた漢方薬ですが、漢方薬と言ってまず連想させるのは苦くて飲みにくいではないでしょうか?副鼻腔炎の治療はとても根気よく継続しないといけないときもあります。飲みにくいからといって漢方薬を症状が改善してきたと同時に急に服用を止めたりすると、.せっかく良いところまで症状が改善したのに再発を招いたりする可能性が大きくなってきます。

 

だいたい漢方薬の治療で挫折するかたは

 

とにかく漢方薬の味が苦手
漢方薬の服用量が多いのがイヤ
薬を飲み続けるという行為自体がイヤ
漢方薬を続けるには金額が高い

 

大まかにはこういった理由が多いのではないでしょうか?

 

先ほどでてきました『辛夷清肺湯』ですが口コミでもかなり副鼻腔炎には効果が期待できるものとして有名ですが

 

 

その一方では、いろんなメーカー品がありますが価格が15日分で3,500円〜6,500円ほどかかってしまうのが現状です。。となると1ヶ月で10,000円近く副鼻腔炎の治療にお金がかかってしまうことになります。

 

漢方薬はとても体に優しい良いお薬です!しかし漢方薬は飲み続けることでその効果を最大限に発揮するため最低3カ月の服用をおススメされます。ということは1カ月10,000円×3カ月で30,000円もの出費というデメリットも・・・・

 

お子様がいらっしゃる家庭では子供の副鼻腔炎の治療を行ってる方も多いと思いますが、そのようなご家庭にもなたまめ茶はおススメです。なぜオススメかというと

 

子供は飲みにくい漢方薬が苦手。結果、続かない・・・
薬自体が苦手だからしっかり服用してくれない。
抗生物質は体に負担がかかる為あまり飲ませたくない。

 

これらのデメリットをすべて解決してくれるんです!!